腋臭イメージ

腋臭体質の対策方法を覚えておこう

腋臭というのは自分では気付かないものです。
絶対にということではありません。
中には気付く人もいます。
それは周囲の反応であったり、なんとなく自分の汗臭さがきついなと感じたりということでひょっとしたらという疑いが出てくるのです。
私の場合は母からの指摘でした。
夏のある日、汗だくで帰って来た私にワキガなのではないかと言ってきました。
家族ならではで遠慮もなく言ってきたので私はショックも大きかったのですが、指摘されるくらいなので相当臭いのではないかとその日以来とても気になるようになりました。
そうなると友人と一緒にいても落ち着きません。
以前はくっついて会話していたのに、微妙な距離をあけて話すようになりました。
腋臭というのは体質で、アポクリン汗腺というところから出てくる分泌物が皮脂や皮膚の表面上にいる菌と混ざり、それが分解されて独特な臭いが発せられるものです。
この臭いは人やその度合いによって違います。
私の場合は少し土くさいような臭いがしていたようです。
ですが、いろいろできる対策はありました。
私は医師に確認してもらったところ、軽度の腋臭であることがわかりましたので比較的臭いも抑えやすかったのです。
まずは腋の下にある毛をきれいさっぱりと剃ってしまうことから始めました。
先ほど書きましたように腋臭というのはアポクリン汗腺というところから出る汗が原因です。
しかしこの汗自体は無臭です。
つまり菌が原因で臭いがするようになるのですから、雑菌が増えないようにするのが大事なのです。
腋の毛は雑菌の温床となってしまうため、まず最初に対策すべきことです。
女性はもちろん、最近では男性もモテたいなら脱毛をしなさいというくらいですから思い切って脱毛してしまうのも一つの方法です。
毎回カミソリなどで処理するのも面倒ですし、肌も傷めてしまいますから脱毛を考えてもよいと感じました。
私の場合は当時はまだ学生だったため、カミソリで処理していました。
この毛がない状態にしておくだけで臭いは本当に抑えられます。
それに汗を拭いたりする時にもやりやすいのです。
腋を拭く時は濡れタオルかウェットティッシュのようなものでまず拭いておきます。
汗の臭いが残ってしまっていてはいくら消臭スプレーをしても無意味なのです。
汗をきれいに拭く、消臭スプレーという順番を必ず守ることは大切です。
次にできる対策はかく汗をサラサラしたものになるように体質を変えてしまうということです。
汗は体温調節をすると共に体内にある老廃物を排出する役目も持っています。
体が良い状態の人の汗は無臭でサラサラしています。
けれど老廃物がたまっている人の汗は臭いがあってべたついています。
つまり腋臭を抑えるためには体内をきれいにすると良いということです。
それにはどうすればいいのかと言いますと、健康的な食事をすることが一番です。
現在は肉食が多いですが、それを控えて野菜、魚が中心の和食にするなど食生活を変えることでずいぶん変わります。
もちろんアルコールやタバコも控えるのが良いです。
運動も適度にして汗をかくことで老廃物で出して、体内をきれいにしてしまいます。
私も学生の間は手術などできなかったため、食生活の改善は頑張りました。
揚げ物などが大好きでしたが、それは時々の楽しみにして和食ばかり食べるようになり、普段からあまり腋臭が臭わないようになりました。
ワキガを改善したいなら食生活を改善することが大切です。

Copyright(C) 2010 わきが.com All Rights Reserved.