腋臭イメージ

腋臭の臭いの対策をする上で大切な事

昔から少し汗をかいただけでもワキから臭いがしやすく、こまめに拭いたり制汗剤スプレーを常備して使用するなど気を付ける事が多かったです。
特に白いシャツを着る時などはワキに黄色の汗ジミが出来やすくなるので汗わせパットを常に使用しなくては綺麗にシャツも着る事が出来ない状態でした。
しかし大人になるにつれて一般人よりも臭いがキツイのは腋臭と呼ばれる『ワキガ』の症状なのかもしれないと思うようになりました。
汗の臭いはシャワーで流す事で取る事が出来ますが、ワキガによる臭いはシャワーで流す事で一時的に消えますが、臭いの原因になる物が残っていますので原因を無くすわけではないのです。
色々調べてみた結果、ワキガは主にワキにある三つの汗腺類の中にあるアポクリン汗腺からの分泌物に皮膚常在菌によって分解される事によりおこる事が原因だとされています。
ワキガによる分泌類によって黄色い汗ジミが出来る事を知り自分はわきがだと思いました。
皮膚科ではこのアポクリン腺を除去する手術も行っているようでしたが、少し手術をするのは抵抗があったので出来るだけ自分で行えるワキガの対策を考えてみる事にしました。
まずアポクリン腺から分泌される成分が原因だとされる為、毎日の入浴は必要になりますし朝は必ずクリームタイプの制汗剤を使用するようにしました。
スプレータイプの制汗剤よりも密着度が高いのでこのクリームタイプの制汗剤はワキの雑菌を起こりにくくしてくれる働きがありますので、雑菌を抑える事により大分ワキの臭いを抑える事が出来るようになりました。
そして今までワキのムダ毛のお手入れは女性用のシェーバーで軽く除毛する程度のお手入れ方法だったのですが、ワキの臭いはこのワキのムダ毛によって臭いを拡散させる働きを持っているという事を知りましたので。
除毛では直ぐに新しいムダ毛が生えてきてしまうの可能性がありますので完全にワキの脱毛を行う事にしました。
エステサロンや脱毛サロンでの施術が安全だとは思ったのですが、普段仕事をしているので定期的にエステサロンに通う事が出来ない事や美容関係にあまりお金をかけたくない気持ちがあったので、自宅で気軽に使用できる家庭用脱毛器を購入して自宅でお手入れをする事にしました。
最初は脱毛時に痛みを感じたりしましたが、これで毎日行っていたお手入れの面倒が無くなるのと、ワキの臭いが少しでも収まるのでしたら良いと思いました。
定期的に脱毛を行い、入浴して清潔を保つようにして、朝はしっかりクリームタイプの制汗剤を使用し始めてから今まで悩んでいたワキの臭いがかなり収まる事に成功しました。
これまでは朝のラッシュアワーの時周りに自分の臭いが広がっていないかなどかなり気にして電車にのっていましたので、しっかり吊皮をもって電車にのる事が出来る事に本当に感激しました。
大掛かりな手術をしなくても自分の出来る範囲でワキガの臭いは抑える事が出来る事が出来たので本当に嬉しいです。
これからも体を清潔にして自分のワキガと向き合っていこうと思っています。
しかしもしワキガに悩んでいる方の中には治療して完全にワキガを治したいという方には専門機関での治療をお勧めします。

Copyright(C) 2010 わきが.com All Rights Reserved.