腋臭イメージ

腋臭の臭いを少しでも抑える為に

子どもの時から少しでも運動をすると汗の臭いがしてしまう事がコンプレックスに感じていました。
その時はこまめにタオルで拭いたり、制汗剤スプレーなどを使用して臭いを誤魔化していましたが、大人になると特に朝の混雑時の電車は周りの人と密着してしまうので自分の汗の臭いが周りに迷惑をかけてしまっているのではないかと不安に感じてしまうようになってしまい、エレベーターなどの個室に密集する場所が苦手に感じるようになりました。
毎日入浴時にしっかり汗を流すようにしているので清潔さは保てていると思うのですがこの腋臭は所謂『ワキガ』の症状なのではないかと最近思うようになり、汗の臭いだけではなくワキガの対策をしっかりすれば臭いを抑える事が出来るかも知れないと思いましたので直ぐにネットでワキガに関して調べてみる事にしました。
ワキガの臭いは通常の汗の臭いとは違い、ワキにあるアポクリン腺から分泌される汗に雑菌が繁殖する事で臭いを発生させる事が原因だとされています。
一般的な汗臭い臭いはワキのエクリン腺からの汗に常在菌が繁殖してしまう事によって起こる臭いなのでワキガは汗臭さとは違った特有の臭いを出す事が特徴だとされるようです。
なので汗臭さはしっかり毎日お風呂に入って清潔にすれば臭いの素を洗い流す事は出来ますがワキガは汗を流すだけでは原因を除去する事は不可能ですからしっかりとした治療やワキガの対策をしなくてはいけないと知りまして、私も自分の臭いを出来るだけ抑えて、臭いを気にしなくても良い普通の生活を送れるようになりたいと思いました。
ワキガの治療は専門の皮膚科などでおこなっており、主にアポクリン腺を除去する治療を行っているようです。
しかし大掛かりな手術をせずとも臭いを押さえる事は可能ですので、私は手術に頼らずに自分で出来る事をしようと思いました。
その方法として汗をかいてしまったらこまめに汗ふきシートでワキを綺麗にするようにする事と、今までは制汗剤はスプレータイプを使用していましたがスプレータイプは密着度が低く効果が低くなりやすいので、クリームタイプの制汗剤を使用する事にしました。
クリームタイプは密着度も高く朝一度塗るだけでもワキの殺菌効果を持続する効果がありますので、それだけでも臭いが大分収まるようになりました。
そして一番大事な事は毎日しっかり体を洗う事です。
ワキをしっかり水で洗い流す事で臭いの原因になる汗を流す事が出来ますし、石けんで雑菌も洗浄出来ますので、特に制汗剤を使用した後は毛穴に汚れが残らないように清潔に保つ事が大切です。
汗の臭いを周りに発散させる役割を持っているのがワキに生えるムダ毛だとされています。
女性の多くがワキのお手入れに女性用のシェーバーを使用する方がいますが、シェーバーでの除毛は直ぐに新しく毛が生えてきてしまう可能性があるのでしっかり脱毛をする事が必要です。
しかしワキは特にデリケートな部分なのでムダ毛を抜くタイプの脱毛器を使用すると肌荒れや埋没毛、色素沈着を起こす可能性もありますので肌にダメージを与えにくいとされているエステサロンのレーザー脱毛やレーザー脱毛よりも照射力が低いフラッシュ脱毛をお勧めします。

Copyright(C) 2010 わきが.com All Rights Reserved.